フロンティア観光株式会社

Menu

外国人観光客の不安を安心に変えるホテルにしたい

三吉 彩未スパホテル アルピナ 飛騨高山 フロントスタッフ(2016年入社)

五感で英語をいかせるホテルの現場

私の出身地は高山市と同じ岐阜県の可児市です。名古屋市のベッドタウンであり、薔薇の町としても有名です。

就職活動をするにあたり、得意の英語をいかすことができる仕事を探していましたが、当初は海外と取引のある事務職を中心に考えていました。しかしながら文書や書類だけのやり取りが中心となってしまい、会話をすることがほとんど無いこと知りました。せっかくなら得意の英語で多くの方と接したいと思っていましたので、接客業を中心に探すことにしました。そんな中で就職先として決めたのは、今や国際的な観光地である飛騨高山のホテルです。

実はホテルに決めたのはもう1つ理由があります。以前私が海外旅行した際に宿泊先でとても親切にしていただいたことがありました。異国の地を訪れて不安でいっぱいの観光客の方に、少しでもお客様に安心してもらいたい思い、ホテルで働くことを決めました。

現場で得たコミュニケーションを円滑にするコツ

ホテルのフロント業務には様々な仕事がありますが、私が一番得意なことは海外のお客様への接客です。英語でのやり取りが中心になるので、お客様からの質問をすぐに理解できるよう、聞き逃さないようにしています。分かりやすく伝えられるように、なるべくお客様が使った単語で返答するように工夫しています。

しかし言葉だけでは伝えられないこともあります。以前海外からお越しのお客様が「予約したお部屋と自分の思っていた部屋と違う」とフロントに立ち寄られたことがありました。お部屋タイプの説明や満室で変更できる部屋がないこと英語でご案内しても伝わらず、お客様を困らせてしましました。この失敗を教訓にし、今はすべて言葉で伝えようとするのではなく、写真を見せるなど違う方法で伝えられるよう工夫しています。

そして、お客様とのコミュニケーションを円滑にするために、まずチェックインの際にお客様がどういった目的でいらっしゃっているのかを考えるようにしています。ビジネスマンのお客様はお仕事終わりにチェックインをされる方も多いので、あまり会話が長くならないように心がけています。観光でいらっしゃった方には「○○には行かれましたか?」と伺い、自分のおすすめのお店などを話題に会話を広げるようにしています。

難しさの中にある接客業のやりがい

接客業はとても難しい仕事ですが、その分お客様とお話する機会が多く、楽しいことや嬉しいことがたくさんあります。中にはご指名で、直接私の名前を呼んでいただけることもあります。

最初は覚えることばかりで大変ですが、アルピナの先輩方が優しく丁寧に教えてくださいます。私のように人と話すことが好きな方、英語が得意な方にはぴったりの職場ではないでしょうか。皆さんのご応募をお待ちしております。

Staff Interview

  • 代表メッセージ
  • フロンティア観光で安心して働ける10の理由 〜福利厚生や研修制度について〜
  • 旅館清龍、アルピナホテルで働く人々
  • 写真ギャラリー
  • 清龍・アルピナで働く皆さんに聞きました!あなたにとってフロンティア観光はどんなところ?
  • 動画で分かるフロンティア観光動画で分かるフロンティア観光

Call for Entries

  • 募集要項・応募フォーム
  • マイナビ
  • インターンシップ生募集中!